ヨッシー店長のプロフィール

ハイパー飯屋クリエイター
ヨッシー店長
「人生は一生勉強」そう言っていた祖父の言葉が、今シミジミわかる気がする…。
そしてシジミは小さすぎる気がする…。
どうもヨッシー店長です。

改めてですが、自分のプロフィールを書いてみようと思います。

・・・え? 別にそんなお前の情報なんていらないって?

安心して下さい、単なる自己承認欲求とロングな独り言です。

主に新規でこのブログに辿り着いた読者の方専用だと思って下さい。(決してシャア専用ではありません)

「このブログ、どんな人が書いているの?」と気になった方だけ、以下にお進み下さい。

あ、途中段差がありますのでご注意下さい。

 

ヨッシー店長のプロフィール

名前

ヨッシー店長

以前は「ヨッシーてんちょ」という”店長半人前”という意味のニックネームでしたが、このブログ(ヨッシー店長の家)を新たに立ち上げたタイミングと、自店のカフェガパオを6年以上運営してきたという根拠のない自信から「店長」にクラスチェンジしました。

ヨッシーというだけあって、苗字には「吉」が付きます。吉の後はアッコちゃんですよ。 あ、秘密のね。

タイ料理屋の店長であり、クリエイティブな仕事もしていることから、自称「ハイパー飯屋クリエイター」と勝手に名乗っています。もちろん高●さんの許可は頂いていません。

 

年齢

現在42歳。

そう、単なるオッサンです。
40代に突入し、「オヤジ完全体」となりました。18号を吸収した覚えはないのですが…。

将来は高橋幸宏さんのように「オジサマ」と呼ばれるような男になりたい…ですが、娘からは「オッサーーーン!」と呼ばれる事が増えてきました。(なぜか叫ぶ長女)

ちなみに長女とは奇跡の同じ誕生日(5月30日)です。

 

経歴

10代は、まあ一般的な非モテのややオタクよりのゲスなエロなカスな…これ以上はやめておきましょう。

20代は、早く社会に出たくて21歳には就職、そしてすぐに挫折…を繰り返す。(25歳までに3回の転職)
主に映像やゲームに携わる仕事をしていたが、25歳の時に一人暮らしを始め、自炊で料理に目覚める。
やがて「将来は自分のカフェをオープンさせる!」と決心し、27歳から飲食業界で修行をしながら経営の勉強を始める。

30代は、「飲食業だけやっていても継続できる店は作れない&開業費用を貯める」という目的から一時WEB業界に進む。
36歳の時、遂に自店「カフェガパオ」をオープンさせる。
39歳半ばでサラリーマンを辞め独立。個人事業主となる。

現在、月曜・金曜・土曜・日曜日はカフェガパオを運営。調理担当。火曜~木曜はIT業やその他業務をこなす毎日。

最近は「主夫」となり、妻に養われつつあるニートなゲスなエロなカスな…これ以上はやめておきましょう。

 

家族

妻 C氏(普段はヨガのインストラクター、我が家の裏ボス)
長女 優(ダウン症というハンデがあるものの、元気いっぱいで明るい子)
次女 翠(お腹がある意味自分より”オッサン”な元気いっぱいっ子)

※2016年に亡くなりましたが、以前は「もぐた」という柴犬がいました。優よりも前から一緒に住んでいたので、自分の中では今でも”長女”です。今は家族を見守ってくれています。
ちなみに現在の僕のスタンドです。スタンド名は「ハウンドドッグ ヒハマタノボル」。主な能力はギャグで相手を凍りつかせる。(←ようこそヨッシー店長の妄想ワールドへ)

 

趣味

現在趣味と呼べるものは、映画くらいかな…。
メジャーなものからマニアックなものまで見ますが、主にSFが好きです。特に「時間軸」もの。タイムトラベルとか、タイムリープとかの映画ですね。

日々の大半は、主夫業、子育て、自分のビジネスで使われるため、趣味の時間はほぼないのが現状ですね…。
っていうか、「主夫業、子育て、自分のビジネス」=「趣味」になりつつあるかも…(^_^;)

たまに、「深夜のレイトショー」に行けると、「あー、こういう時間ってス・テ・キ・☆」と思えます。

でもこの先、時間にもお金にも多少なりとも余裕ができたら、車で寝泊りする一人旅&スノボは行きたいです!(できたらね…千葉タラレバ親父)

 

性格

他人からも自己分析しても「真面目」だと思う。

あと、いまだに「勘違い野郎」だと思う。
「これだったら上手くいくはず!」「これだったら面白いはず!」「これやったらモテるはず!」そんなんばっか。ある意味「特攻野郎Aチーム」。

でも個人事業主になる人って、多くは「勘違い」な性格なのかもね…と最近思いつつある。

 

今後の目標

今後っていうか、まずは自分だけで食べられるようにならないとね…。(現在ほぼ無職状態)

自分の中には「本当の意味で、障碍者がいて当たり前の世の中にする」という人生のテーマがあるので、それに沿った事業なりアクションなりを行っていく予定です。
※「ChariT」というサイトもその一環ですね。

大きな目標としてはそんな目標がありますが、小さなところでは「娘たちと自店を経営できたらいいなー」と思っています。
もちろん親として娘たちを一人前の女性に育てるのは大きな目標ですね。

あと、「自分の中にある青写真を証明したい」ですね。
「あの時サラリーマンを辞め、個人で仕事を始めたから幸せな今がある!」そう言える人生にしたいです。
いや、そうさせます!これを今読んでいる貴方様は生き証人です!

信じるか信じないかは貴方次第です!
( ´∀`)σ ピシーンッ!

 

ということで、以上ヨッシー店長の都市伝説的プロフィールでした。

 

サラリーマン退職後、どうなっていったかはこちらをご覧下さいね。

 

スポンサードリンク