妄想絵本「暴れん坊馬」とは!? 姉優が妹翠に読み聞かせ

姉優が妹翠に読み聞かせ

「オーレ、オーレ、マツケンさんだ♪ オーレ、オーレ、松ケンさんだぁーーー♪」と松山ケ●イチはカラオケでマツケンサンバを歌っているに、間違いないっ!by N井

どうもヨッシー店長です。

 

今回は久々に姉妹ゆすいの妄想劇場です。お時間あればよろしくお願いします。

 

ある日、優は「暴れん坊馬」という絵本を読んでいた。

ダウン症優と翠1

 

ダウン症優と翠2
すい「…あ、お姉ちゃん何読んでるの?」

ゆう「えーとね、『暴れん坊馬』っていう絵本だよ」

 

ダウン症優と翠3
すい「お姉ちゃん、わたしにも読んでー」

ゆう「もう、仕方ないなぁ」

 

ダウン症優と翠4
すい「やったー! わくわく」

ゆう「あるところに、『ケン』というオスの馬がいました。
ケンはとても優しい馬で、自然を愛する馬でした。

すい「うんうん」

ゆう「やがてケンには『ユリア』という恋人ができました。
二人は幸せに過ごしていました。

すい「うんうん」

しかしある時、二人の前に『シン』というオス馬がやってきてこう言いました。

『ユリアよ、俺を愛せ。さもなくばケンをお前の前で殺す』

と。」

 

ダウン症優と翠5
すい「え?(ゴクリ…)」

ゆう「ユリアを愛していたケンはシンに戦いを挑みました。

しかしシンの圧倒的強さには勝てず、ケンは負けてしまいました。」

すい「あ、ケンが負けちゃった!」

 

ダウン症優と翠6
ゆう「そしてシンはこう言いました。

『ユリア、俺を愛していると言ってみろ』

拒絶するユリア。

するとシンは、ケンの胸に7つの傷を付けました。」

すい「・・・」

ゆう「シンはこうも言いました。

『おまえとおれには致命的な違いがある!

それは 欲望・・・ 執念だ!!』」

すい「・・・? え? あれ、なんか話が・・・!?」

ゆう「その場に倒れるケン。

そしてユリアはこう言いました。

『愛します・・・、あなたを愛します!!』

そしてシンはユリアを連れていきました。」

 

ダウン症優と翠7

すい「これ『北斗の拳』やないかっ!」

 

ダウン症優と翠9
ゆう「まあ待ちなさい、これには続きがあるのよ。

すい「え? そうなの?」

ゆう「やがてケンはシンへの復讐を胸に、遂に新たな能力に目覚めるのであった。

その能力はケンの背中に人間を形取る能力で、法の権力と刀を振り回すことができた。

その能力の名は『マツダイラ』といった。」

 

ダウン症優と翠7
すい「それ、『マツダ●ラのケン』やないかっ!
っていうか、それ人と馬で『暴れ●坊将軍』やないかっ!」

ゆう「あ?わかった? そうなの、暴れ●坊将軍はこうやってできたの。

めでたし、めでたし。」

すい「え!? 終わりかーい! っていうか、シンとユリアどうなったの?」

 

ダウン症優と翠8
ゆう「・・・うーん、多分結婚して子供を4人作って南斗六聖拳を作ったのじゃないかな?」

すい「だからそれ北斗の拳だっつーの!

もういいです私『猿に進化したマツダ●ラケン』の絵本読みますから!」

 

 

※「この妄想小話はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。」

そっか、あの将軍、本体は馬だったのか!
(だからちゃうって!(^_^;)スミマセン)


スポンサードリンク

4 件のコメント

  • すいちゃんの聞いてる姿がかわいい♪うちもたまに姉妹で読み聞かせしてますが、時に姉のオリジナルに変わっている時が…汗

    下はこうしてよき先生に教えてもらいなんでもはやいですね。気づいたらひらがなを教えてやることも、数字を教えてやることもなく、春に一年生になります。全てはスパルタな姉のおかげかな~笑

    それにしても北斗の拳に暴れん坊将軍ておもろすぎ~。

    • ちえさん、いつもコメントありがとうございます!
      うちの姉は創作どころか宇宙語絵本ですよ(笑)

      いやー、良いお姉ちゃん(わかちゃん)ですね!なんか部下を教育して、その部下が新たな新人をきっちり育ててくれてたのと似てます。(って子供は部下じゃないですが…(^_^;))
      でもそうやって勉強以外にも色々なことを教えてくれる上の兄弟ってありがたいですね。自分は長男でしたが、末っ子にはそれほど教えはなかったかな・・汗

      北斗の拳と暴れん坊将軍は、写真の都合上そうなっちゃいました(^_^;)必然ってやつですね(笑)

      • 無事に卒園式が土曜日に終わりました。
        ありがとうございます。
        先生たちは本当に家族のように、時には家族以上の関係だっただけに寂しくなりました。
        なんともマイペースな次女の「できない」を「できる」に。そして「得意」に変えてくれたのは先生たち。いい土台をつくってもらい一年生に羽ばたきます。育児にゴールはなかなか見えないけど、ゆうちゃんすいちゃんの成長楽しみながら、我が子の成長も楽しんでいこっと。

        • ちえさん、コメントありがとうございます!
          そうですよね、親身に思ってくれる先生って本当にありがたいですよね。
          「できない」→「できる」→「得意」本当素晴らしいと思います。
          ことちゃんもそんな先生に出会えて良かったですね(^-^)

          卒業式はやはり涙でしたか?
          うちの翠はまだ先ですが、やはり泣きそうな気がします・・。

          自分もまだまだ育児を勉強中なので、お互いに成長していきたいですね。もちろん楽しみながら♪

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    yoshitencho

    1976年生まれの二児の父親。週末限定カフェ『カフェガパオ』のオーナーでもある。役に立つこと・面白いことをモットーに、日々情報を発信していきます。各記事の冒頭にはしょうもない一文が載っていて寒いですが、やがてその寒さがサウナの水風呂のように慣れてきます。(多分)