3年使ってほぼ劣化無し!ラタン風テーブルチェアは最強コスパのガーデンテーブルセットだった

ラタン風テーブルチェアは最強コスパのガーデンテーブルセット

外で食べる食事ってどうして美味しいんだろう?
開放感?
それとも先祖のDNAが外での食事を思い出すから?

あと、全裸って開放感があるよね。

ということは、「全裸バーベキュー」は最強の開放感が味わえるかもしれない!

どうもヨッシー店長です。

 

よくうちの店に来るお客さんから「これ、どこで買ったんですか?」と言われるものがあります。

それはこの
ラタン風テーブルチェア
「ラタン風テーブルチェア」

 

“ラタン風”なので、ラタン(籐(トウ))ではありませんが、見た感じはラタンに見えます。

ちなみに材質はPVC(ポリ塩化ビニル)です。

通常のラタンだと、雨ざらしにしていると傷んだりカビが生えると思います。

でもこの”ラタン風”は所詮PVCなので、雨がかかっても結構平気です。(もちろんずっと外に出していたら傷みますが…)

そして結構タフなやつです。

3年以上テラス席のテーブルチェアとして使っていますが、今のところ壊れていません。
若干の経年劣化は致し方ないのですが…。

 

ということで今回は、先日もお客さんから問い合わせがあったということで、このラタン風テーブルチェアを「コスパ良品」として紹介してみたいと思います。

※コスパ良品に関しての定義はこちら

 

スポンサードリンク



 

ラタン風テーブルチェアの良いところ

どんなテイストにも合わせやすい

ラタンデザインは見た目がシンプルなので、和風・アジアン・北欧・モダンなど、どんなテイストの庭(もしくは部屋)にも合わせやすいです。

うちの店はタイ料理を出していますが、店内のインテリアはモダンポップ風にしています。

そのテイストとこのラタン風テーブルチェアはあまりズレたイメージがないので、テラス席で使っていても違和感がありません。

ラタンって、アジアンでもあり、モダンでもあるので。

テラス席

テラス席はこんな感じになっています

純和風の庭でも意外と愛称が良いと思います。(ただしカラーはブラウンの方が良いですが…)

 

意外と座り心地良し

材質がPVC(ポリ塩化ビニル)なので、座り心地が気になるところだと思いますが、これが意外と良いんです。

もちろん高級チェアに比べたら、そりゃ大したことはないと思いますが、値段や外で使うことを考えれば十分使えるレベルだと思います。

網目が細かいため”しなり”が良く、弾力性もあります。

ラタンのような網目

ラタンのように網目が細かく組まれています

通気性が良いので、夏場でも快適に使えますね。(ただしブラウンカラーは日光で暑くはなります)

背もたれ部分は丸みがあるので、フィット感があります。

ラタン風チェア

座るとしなってくれて、フィット感があります

うちではテラス席に2種類の椅子を出しているのですが(もう一方はイームズチェアのプロダクト品)、こちらのラタン風チェアの方が圧倒的に長時間座ってられますね。(おしりが痛くならない)

 

3年間使用しても壊れない頑丈さ

冒頭で少し書きましたが、このラタン風テーブルチェアは店のテラス席のテーブルチェアとして使っていますが、3年間使用しても今のところ1つも壊れていません。

購入当初は「材質がPVCなので、もしかしたらすぐに壊れちゃうかもな…」と思っていたのですが、全然そんなこともありませんでした。

唯一、テーブルの裏面にあるステンレスのネジ部分が、錆びで少し赤くはなっています。

ちなみにテーブルのガラス面は強化ガラスになっています。

テーブルのガラス面は強化ガラス

すりガラスなので、足元を気にせずにすみます

壊れにくく、掃除しやすいテーブルは、飲食店としては本当にありがたい存在です。チェアもね。

雨に当たった後、一時的に湿りはするものの、その後乾いてから変形、変色することはありませんでした。

 

折り畳めるのは本当にありがたい

このラタン風テーブルチェアは、テーブルもチェアも折り畳みができます。

折り畳めるので、小スペースでの収納が可能です。

折り畳んだ状態3点

折り畳むとこんな感じ

折り畳んだチェア

横から見た折り畳んだチェア

折り畳んだテーブル

テーブルもこれくらい平べったくなります

飲食店としてはこういう小スペースで収納できる家具は、本当にありがたい存在なのです。

特にうちみたいにテラスに沢山家具を出す店は、閉店後は店内が家具だらけになり、身動きが取れなくなりがちです…。

でも小スペース収納のおかげで閉店後も店内がゴチャつかず、掃除や後片付けがスムーズにできます。

こういう部分は、一般のご家庭でも良いポイントではないでしょうか?

 

折り畳み状態から広げる時は、テーブルもチェアもワンタッチで広げられます。

軽いのでサクッと広げられます。

チェアロック

チェアには勝手に広がり防止のためのロック部分があります

テーブル裏面部分

テーブルの裏面部分 広げるとくぼみにロックされます

 

決め手はこの穴!

テーブル中央には、パラソルの支柱棒を通す穴が空いています。

テーブルの穴

テーブル中央には謎の穴が…!?

自分がこの商品を店で使おうと思った決め手は、ズバリこの“穴”です。

 

なぜ穴が大事か?

 

テラス席部分は日中ずっと日が当たり続けます。(南側道路)

冬は暖かくていいのですが、夏はパラソルがないと灼熱地獄と化します。

そのためパラソルは必須です。

 

しかし、パラソルベース(こういうの↓)

ごときでは、パラソルを立てた時に安定感が弱く、強い風が吹くとすぐにパラソルがグラついてしまいます。

しかも、うちの地域は「風早」という地名が近くにあるだけあって、風が強い日が多いんです…。

 

しかしテーブル中央に穴があると、その部分で支柱棒の横揺れが緩和され、パラソル頂点の揺れを小さくすることができます。(物理法則から考えると、支点からの距離が短いと揺れは小さくなる)

現在は、「パラソルベース→砂袋→テーブル穴→風が抜けやすい三段パラソル」の四段活用で風対策をしています。

パラソルを安心固定

こんな感じでパラソルを安心固定

ちなみに、砂袋までの二段活用では、パラソルが飛んだことがあります(^_^;)

 

あと、これ以前の穴あきテーブルって、全部木製とか、丸型でテーブル面積が小さいとか、変な柄があったりとか、ダサいテーブルしかなかったんですよね…。

だからこのラタン風テーブルチェアを見つけた時は感動しました。

見た目オシャレで、食事するテーブル面積がしっかりある四角型、パラソル用の穴も空いている… これ造ったデザイナーさん、本当感謝です☆

 

そして安い!

ラタン風テーブルチェアの値段

さて、このラタン風テーブルチェア、皆さん幾らくらいだと思いますか?

3万円? 5万円? 10万円?…

 

正解は、テーブル1個チェア2脚の3点セットで

15,800(税込)!!

えーーー!!? ←TV通販のサウンドエフェクト

 

自分が知っている限りは、この価格が一番安いと思います。

ここ↓の店が安いです。参考まで。
Goodeal

前述までの良いところがありつつ、この価格はかなりのコスパ良品だと思いますよ(^-^)g”

 

ラタン風テーブルチェア まとめ

ということで、ラタン風テーブルチェアの良いところを紹介してきました。

まとめるとこんな感じになります。

 

  • 和風・アジアン・北欧・モダンなど、どんなテイストの庭(もしくは部屋)にも合わせやすい。
  • 網目が細かいため”しなり”が良く、弾力性もあり、意外と座り心地は良い。
  • テーブル・チェア共に3年間使用しても壊れない頑丈さがある。
  • 折り畳めるので小スペースでの収納が可能。
  • パラソルの支柱棒を通す穴がテーブルにあり、パラソルを安定させるのには最適。
  • 3点セットで15,800(税込)と、コスパはかなり高いと思われる。

 

今回は良いところばかり書いて、「あれ?悪いところはないかな?」と粗探ししたのですが、特に悪いところはありませんでした。

あるとすれば、ちょっと錆びちゃったことくらい…。(自分の管理が悪いw)

製品性能と価格を考えれば、コスパ良品の中でもかなりレベルの高いコスパ良品だといえると思います!

上記参考になれば幸いです。

 

一応、下記にリンク貼っておきます。


スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

yoshitencho

1976年生まれの二児の父親。週末限定カフェ『カフェガパオ』のオーナーでもある。役に立つこと・面白いことをモットーに、日々情報を発信していきます。各記事の冒頭にはしょうもない一文が載っていて寒いですが、やがてその寒さがサウナの水風呂のように慣れてきます。(多分)