ゆすい姉妹がコロッケ作りに初挑戦!途中まで良かったけど、気が付けば…

ダウン症優と翠がコロッケ作りに初挑戦

ソファで横になってたら「パパー」と娘が寄ってきて、顔面横からオナラを吹き付けられたよ♪

どうもヨッシー店長です。

その後「キャハハハ!」と言って去っていきました。byおすいこ

 

もう吉本新喜劇ですね(笑)

女の子だけど、お上品という言葉は存在しない模様です(^-^;)

 

そんな「おすいこ」こと翠は、少し前に一緒に作ったハンバーグが余程楽しかったのか、事あるごとに『こねこね~こねこね~』と、ハンバーグを作りたいアピールをしてきます。(お粘土お姉さんかっ!)

ということで、今回はこの料理を娘たちと作ってみました。

コロッケ

コロ助の大好物、コロッケ!

※コロ助がわからない人はググってね。

 

今回は久々に『ゆすい姉妹劇場』を開演致します。

写真は動画からキャプチャーして多少脚色していますが、90%以上はガチです(笑)

無駄に写真が多いので、ご興味ある方だけどうぞ(^▽^;)

※最後に動画のオマケありです。

 

ゆすい姉妹劇場 コロッケ編

店のじゃがいもが沢山残ったので、この日はコロッケを作ることにしました。

どうせ作るなら、ゆすい姉妹にも手伝ってもらおうと思い、初のコロッケ作りに挑戦してもらいました。

 

ヨッシー店長が下準備をした後、まずはじゃがいもを潰すところから・・・

ダウン症優と翠00

店長「はーい、それじゃあ、じゃがいもをグッと潰してね」
すい「うん、やってみる」

ダウン症優と翠01

すい「ムニュッってしたよ、見てー♪」

ダウン症優と翠02

すい「きゃは!楽しいー!」
ゆう「すいちゃん上手だね」

ダウン症優と翠03

ゆう「わたしもやってみるねー」

翠はまだじゃがいもをしっかりは潰せなかったものの、優は意外と力強く潰すことができました。(流石お姉ちゃん)

その後あらかじめ炒めておいた玉ねぎやひき肉などを合わせてもらいました。

ダウン症優と翠04

ゆう「こうやって入れるんでしょ?」

整形しやすくするため、溶き卵を作ってもらいました。

翠はまだちゃんと混ぜられないので、手伝おうとしたら「だめ、パパは手伝わないで!」と除けられました(^-^;)

ダウン症優と翠05

「だめ、わたし一人でやるんだもん!」

その後お姉ちゃんに交代。

ダウン症優と翠06

ゆう「すいちゃん、よく見てて。こうやって混ぜるんだよ」

ダウン症優と翠07

シャカシャカシャカシャカ!
すい「お姉ちゃんすごーい!」

ダウン症優と翠08

ゆう「・・・」
ドヤ顔している優

溶き卵を先程のボールに入れ、よく混ぜ、ここから二人にもコロッケの整形作業を行ってもらうことにしました。

ダウン症優と翠09

店長「それでは、こうやって手に取って、ボールみたいにコネコネして下さい」
ゆすい「はーい!」

ダウン症優と翠10

ゆう「うわー、なんかねっちょりしてるー」

ダウン症優と翠11

店長「頑張って丸めてみてね」
二人とも真剣に丸める

コロッケの整形に真剣に取り組むゆすい姉妹でしたが・・・

ここからは翠に注目。

ダウン症優と翠12

すい「手に付いたのちょっと食べてみようっと…」

ダウン症優と翠13

すい「…?あれ、これ旨くない?」

ダウン症優と翠14

すい「うん、うん…」

ダウン症優と翠15

すい「うん、うん、うん…」

ダウン症優と翠16

すい「と、止まらぬ! もういいや、食べちゃお!」

暴走する翠…。

とりあえずここでコロッケの整形は終了。

ボールを持っていった後も目を光らせる翠。

ダウン症優と翠17

すい「ピピピッ!コロッケカス発見!」

ダウン症優と翠18

サッ!

ダウン症優と翠19

ゆう「…?すいちゃん何かあった?」
すい「ぅ、ううん、何にもないっふ…」

ダウン症優と翠20

店長「二人ともコロッケ作り楽しかった?」
ゆう「うん、楽しかった♪」
すい「(もっと食べたかったっす…)」

何はともあれ、初のコロッケ作りに満足した二人でした(^-^*)

 

一応上記はフィクションですが、こちらの動画を見てもらうと『フィクションじゃ、なくね?』と思われるかもしれません(^-^;)

 

最後にシュールな動画でお別れです。


スポンサードリンク

4 件のコメント

  • 可愛いですね!コロ助、普通に知ってます笑
    主人と一緒に動画拝見しました。うちの娘もお手伝いするようになるかなぁなんて話しながら、微笑ましく見てましたよ。女の子ですよね。
    娘も、私が髪を結んだり、化粧水などをつけたりするのをよく見ていて真似したりしています。
    今年になり、やっとよちよち歩いていますが、やはり関節が柔らかいので足首がやや内側に…。優ちゃんは、靴などは、整形外科に行ったり、中敷きを作ったりされましたか?

    • みいこさん、コメントありがとうございます!

      コロ助、アニメでやっていたのは丁度30年前くらいでしょうか…(笑)

      自分もそうですが、料理って「作って、食べられる」という楽しさがありますよね。
      クリエイティブなものって、基本的には作って終わりですが、料理はその先(食べる)があるのがいいですね。
      子供たちもそういう部分を含めて楽しいようです。
      そして、こういう料理を一緒にやるとコミュニケーションが深まり、普段よりも甘えてきてくれます(^-^*)

      ですよねー、女の子はママのマネをしたがりますよね。
      先日もリップを勝手に取り出して、「んっま!んっま!」と口をパクパクさせてました(^-^;)

      優も足首が柔らかかったので、療育所で専用の靴を履いていました。
      整形外科は行ってなかったです。中敷きその靴でやっていたかもしれませんが、すみません詳細まではわかりません。。

      ちなみに、先日行ってきた「日本ダウン症会議」で学んだことの一つに、「良い靴の選び方」という項目がありました。

      ・靴の内側の土踏まずの部分が持ち上げてある
      ・つま先にゆとりのあるデザイン
      ・足背部(足の甲)の押さえがあるデザイン
      ・かかと部分を包み込み固定できるデザイン
      ・靴の中央が折れ曲がらないデザイン(←これ結構大事だそうです)

      が、ダウン症で扁平足の子に良い靴だそうです。
      参考になれば幸いです。

  • すいちゃん最高ですね(ノ∀≦。)ノ〃
    ゆうちゃんはやっぱりお姉ちゃんですね!
    ちゃんとコロコロしてましたね♡
    あー2人ともかわいい♡

    • クリチョフさん、お久しぶりです!コメントありがとうございます。
      お蔭様で姉妹元気に成長しています!
      これもクリチョフさんのように応援してくれる方の気が支えているのだと思います。ありがとうございます(^-^*)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    yoshitencho

    1976年生まれの二児の父。タイ料理カフェ『カフェガパオ』のオーナー。料理担当。3DCG、Webデザイン、ネットショップなどを経験しつつ、現在は飲食業を主軸に多角度的活躍を狙う、自称「ハイパー飯屋クリエイター」。SF映画が好きで特にアメコミ系と時間軸系が好物。100mの至近距離でUFOを見たことがある。