「ゆすい姉妹2021冬」この冬は緊急事態宣言で大した思い出は無いけれど…

ゆすい姉妹2021冬



ヨッシー店長
結局今年の冬もスキーには行けず…。
でも足の骨を折らなくてよかったと前向きに考え中。
どうもヨッシー店長です。

 

出来ないことがあっても、ポジティブに考える事って、心の健康には良いですよね(^o^;)

 

今年は年初めから緊急事態宣言が発令されて、気付けばこの3ヶ月間、ほぼ店の営業しかしていなかったです…。(毎週同じ事の繰り返し)

仕方ないとはいえ、なかなか耐え忍ぶ冬となりました。

 

毎年2月にタイへ研修に行っていましたが、今年はもちろん行けず…。(2020年はギリギリ行けた)

仮にコロナが終息しても、海外へ行くのは気軽ではなさそうですよね。。

バンコクの屋台のおじちゃんやおばちゃんは元気なのだろうか…。

バンコク屋台のおじちゃん・おばちゃん

※ちなみにバンコク旅の様子はこちらから

 

さて、ゆすい姉妹ですが、この冬も大きな病気をせず、日々元気に過ごしていました。

ただ、イベントらしいイベントはほとんどなく(緊急事態宣言で遠出もできず)、せいぜい節分と翠の誕生日&卒園式くらいだったでしょうか(^-^;)

 

結局、この1年間、子供たちのイベントはほぼ無くなっています。

子供のイベントが見れないのは親としては寂しいですが、何よりも本人たちが何もできないのは本当に可哀想ですよね。。

今年、優は修学旅行がある予定ですが、どうなることやら…。

 

そういえば先日、優の「障碍レベル測定」があったのですが、まだ正式な結果は出ていないものの、現状では健常者でいうところの
「3歳程度」
という判定でした(^o^;)オーマイガッ!

 

家で見ている感じでは3歳程度には見えないのですが、(タイミングを合わせてギャグも言うしw)

多分…

  • 測定した場所が慣れていない場所(児童相談所)
  • 第4次人見知り時代突入
  • 第3次反抗期(理解しているのにあえて無視)

これらが相まって、3歳程度という判定に至った気もしています…(^-^;)

 

まあでもここまでくると(もうすぐ12歳)、楽観視しているというか、
「うんうん、マイペースで行こうね(^-^;)」
と、成長スピードに関しては気にしていませんね(笑)

それよりも日々元気に過ごして、笑顔を見せてくれる事の方が大事な気がしています。

 

ゆすい姉妹滑り台

 

もうすぐ6年生になる優。

来年は中学生です。

今年中には、今後の進路を決めなくてはなりません。

現状や優自身のことを考えると、「特別支援学校」に通った方がいいのかも…と、今は漠然と考えています。

 

地元中学の特別支援学級にも通えるとは思いますが、現状の「障碍レベル」や、今後起こるであろう「思春期の精神状態」などを考えると、支援学校の方が細かい部分でケアできそうな気がしています。(あくまでも自分の勝手な予想です)

自分もそうでしたが、中学生になると自分のことだけで手一杯になってくるので、なかなか他人の事まで見る”余裕”がなくなってくるんですよね…。

そのような環境で、コミュニケーションが上手くできない優が支援学級に通った場合、もしかしたら「孤立」してしまう可能性も”なくはない”と思っています。

 

支援学校に過度の期待は持っていませんが、支援学級よりはやや”余裕”があるのかもなーと感じています。

ヨッシー店長
支援学校は単純に見てくれる先生の数が多いし、専門知識を持っている先生が支援学級よりは多いと思うので、メリットを感じます。

 

とりあえず現在優を見守ってくれている先生(とても素晴らしい先生)と相談しつつ、今後の進路を決めていきたいと思っています。

進路が決まったら、またこちらのブログにアップしたいと思います。

 

さて最後は、ゆすい姉妹の写真ギャラリーでお別れです。

※パスワードを知らない方は↓より、お手数ですが承認手続きをお願い致します。

※ゆすい姉妹の記事は「承認制」となりました。詳しくはこちらから。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

 

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

PS:優が一瞬だけ映る『それも恋』という映画が、Amazonプライムビデオで配信が始まりました。
本当に一瞬しか映りませんが(22:43のあたり)、観てもらえたら嬉しいです(^-^*)


『それも恋』

 


スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1976年生まれの二児の父。タイ料理カフェ『カフェガパオ』のオーナー。料理担当。3DCG、Webデザイン、ネットショップなどを経験しつつ、現在は飲食業を主軸に多角度的活躍を狙う、自称「ハイパー飯屋クリエイター」。現在は「自宅飲食店開業の専門家」としても活動中。SF映画が好きで特にアメコミ系と時間軸系が好物。100mの至近距離でUFOを見たことがある。