インスタグラム投稿→ホームページ更新→Googleマイビジネス投稿を自動化する方法 無料プラグインで設定可能!

インスタグラム投稿でGoogleマイビジネスに同時投稿する自動化方法



ヨッシー店長
未だに外部広告費は0円。
どうもヨッシー店長です。

 

2021年現在、個人飲食店が力を入れたい「ネット集客ツール」は、具体的には以下の3つ。

  • Googleマイビジネス(Googleマップ)
    Googleマイビジネス
  • インスタグラム
    インスタグラム
  • ホームページ
    ホームページ

 

新規顧客の獲得で大きな成果を出すのは「Googleマップ」といえます。

Googleマップに表示される情報は、「Googleマイビジネス」で設定。

Googleマイビジネスの詳細はこちらの記事↓を参考下さい。
飲食店のWEB集客方法で「Googleマイビジネス」が最強である理由とは?現役カフェ経営者が導入すべき8つの理由を説明!

 

SNS経由では、飲食業と相性の良い「インスタグラム」が、新規・既存顧客で成果が出やすいといえます。

 

上記2つを補間するため、「ホームページ」の存在は不可欠です。(※SEO,MEO対策にもホームページの情報は重要

SEOは『Search Engine Optimization』の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。
つまりWEB検索した時に上位表示させるための施策です。

MEOは『Map Engine Optimization』の略で、「マップエンジン最適化」という意味です。
つまりGoogleマップ検索した時に上位表示させるための施策です。

 

インスタグラムをやっている飲食店さんは割と多いと思いますが、「Googleマイビジネスの投稿」や「ホームページの記事更新」まで行っている人は稀だと思います。

Googleマップで上位表示(検索して出てくるTOP3)させるには、実は

「Googleマイビジネスの投稿」
「ホームページの記事更新」
が大事

なんです。

柏タイ料理TOP3

このように上位TOP3に入るためには、「Googleマイビジネスの投稿」「ホームページの記事更新」が重要。

Googleマップで上位表示される要因は、検索している場所からの距離も影響しているが(近い程上位表示)、インターネット上の総合情報も影響している。
WEBサイトやSNSなどで「より多くの有益な情報」を発信している店舗が、上位表示されるといっても過言ではない。

 

できれば
「インスタグラムの投稿」
「Googleマイビジネスの投稿」
「ホームページの記事更新」
の3つ全てを行うのが理想的

ですが、
飲食店、特に個人飲食店はなかなかその時間を取るのが難しいことでしょう。

ヨッシー店長
自分は3つとも更新していますが、それはIT慣れしているからこそ。
ITにそれ程慣れしていない人には、3つ更新するのは負担になると思います。

 

そこで提案したいのが、

「インスタグラムに投稿すれば、自動的にGoogleマイビジネスとホームページを更新できる方法」

です。

 

これができれば、インスタグラムの投稿のみで「Googleマイビジネスの投稿」「ホームページの記事更新」が“自動化”されます!

これにより情報発信量が増え、結果的に「SEO,MEO対策」になり、新規顧客の獲得率を上げることに繋がります。

 

ということで今回は、

「インスタグラム投稿→ホームページ更新→Googleマイビジネス投稿を無料で自動化する方法」

を紹介したいと思います。

ヨッシー店長
飲食店のみならず、「店舗経営(美容室、医院、小売店など)」を行っている人には、同様にご利用頂けます。
ただし自店のホームページが『WordPress』で作られている必要があります。

SEO,MEOの観点から考えても、個人的にはWordPressでホームページを作ることをおすすめしたいです。

WordPressの導入方法等は、
副業ブログで初心者がまずは月1万円を稼ぐ方法は? ヨッシー店長流ブログ収益の作り方【2018年版】
という記事でも書いていますが、
『ワードプレスの始め方』などのキーワードでWEB検索してみて下さい。

 



 

自動投稿の仕組み

自動投稿の仕組み

2021年現在、「インスタグラム」から「Googleマイビジネス」へ直接自動投稿する方法は、今のところありません。

そのため、ホームページ(WordPress)を一旦経由することによって、自動化が可能になります。

WordPressには『プラグイン(機能拡張)』という機能があるのですが、その機能を利用することによってインスタグラム投稿の橋渡しができます。

 

具体的には

  1. 「インスタグラム投稿」
  2. 「プラグイン(Intagrate Lite)」
  3. 「ホームページ記事更新」
  4. 「プラグイン(WP Google My Business Auto Publish)」
  5. 「Googleマイビジネス投稿」

となります。

 

「インスタグラム投稿」だけ行えば、あとは最後まで自動的に進みます。

 

 

自動投稿の準備

自動投稿の準備

自動投稿をするには以下の環境が必須なので、準備しておきましょう。

 

①WordPressのプラグイン『Intagrate Lite』を有効化する

Intagrate Lite

まずはWordPressのプラグイン『Intagrate Lite』をインストールして、有効化しておきましょう。

このプラグインを入れることによって、「インスタグラム投稿→ホームページ記事更新」が自動化されます。

※Intagrate Liteの各種設定は『LAF Design』さんのページを参照下さい。

 

②WordPressのプラグイン『WP Google My Business Auto Publish』を有効化する

WP Google My Business Auto Publish

次にWordPressのプラグイン『WP Google My Business Auto Publish』をインストールして、有効化しておきましょう。

このプラグインを入れることによって、「ホームページ記事更新→Googleマイビジネス投稿」が自動化されます。

※WP Google My Business Auto Publishの各種設定は『ideya』さんのページを参照下さい。

 

基本的な設定は以上です。

 

 

自動投稿してみる

自動投稿してみる

自動投稿の準備ができたら、早速インスタグラムに投稿してみましょう。

サーバーの状況にもよりますが、

「インスタグラム投稿→ホームページ記事更新」は比較的早く更新されると思います。(数分以内)

ただ「ホームページ記事更新→Googleマイビジネス投稿」は反映されるまで少々時間がかかるようです。(数分から数十分)

 

「インスタグラム投稿→ホームページ記事更新」は、見た目のデザイン(文字の配列、改行など)はほぼ問題ないかと思いますが、

「ホームページ記事更新→Googleマイビジネス投稿」は、多少デザインが崩れる可能性があります。

これは自動化による多少のデメリットといえるでしょう。

 

もしGoogleマイビジネス投稿のデザインが気になる場合は、投稿の編集で修正してもらえればと思いますが、でもこれだと自動化の意味がありません…。

なのでGoogleマイビジネス投稿の見た目は大目に見て、あくまで「Googleマイビジネスから情報発信をしている」ことを目的にするのがよいと思います。

Googleマイビジネス投稿が活性化することによって、「SEO,MEO対策に貢献している」と考えておきましょう。

 

 

自動投稿の注意点

自動投稿の注意点

上記の設定で「インスタグラム投稿→ホームページ更新→Googleマイビジネス投稿」を自動化することが可能です。

が、一つ注意点があります。

 

それは、投稿データの連携をプラグインで行っているため、
「WordPressがバージョンアップされた時に、各プラグインが対応していない」場合、
この連携が崩れる可能性があります。

 

なので、

  • WordPressをバージョンアップした時
  • プラグインをバージョンアップした時

は、
きちんと投稿が行われているかチェックをしておきましょう。

もし連携が崩れている場合は、「手動投稿」するか「他のプラグインで一時的に代用」するなどしましょう。

 

 

まとめ

自動化まとめ

ということで今回は「インスタグラム投稿→ホームページ更新→Googleマイビジネス投稿を無料で自動化する方法」を紹介しました。

 

自分は一時この方法で自動化していましたが、ホームページのデザインの都合上、現在は
「ホームページ更新→Googleマイビジネスに自動投稿」

「ホームページ更新→インスタグラムに半自動投稿」
を行っています。

ちなみにインスタグラムに半自動投稿するのには、『blog2social』というプラグインを利用しています。
半自動投稿ではなく、自動投稿にすることもできますが、その場合blog2socialへの課金が必要になります。

 

なるべく多くのメディアに自店の情報を自動露出して、新規顧客の獲得率や、既存顧客の来店率を上げていきましょう!

 

ヨッシー店長
今回の記事で不明点があれば、お気軽に「お問い合わせ」までご連絡下さいね(^-^*)

 

今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。


スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1976年生まれの二児の父。タイ料理カフェ『カフェガパオ』のオーナー。料理担当。3DCG、Webデザイン、ネットショップなどを経験しつつ、現在は飲食業を主軸に多角度的活躍を狙う、自称「ハイパー飯屋クリエイター」。現在は「自宅飲食店開業の専門家」としても活動中。SF映画が好きで特にアメコミ系と時間軸系が好物。100mの至近距離でUFOを見たことがある。