子供が見て触って体験学習できる優良博物館「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」に行ってきた感想

ミュージアムパーク茨城県自然博物館に行ってきた感想

子供の頃「海洋生物学者」にも憧れていた。

どうもヨッシー店長です。

 

モノづくりも好きなのですが、海の生物ってどこか惹かれるものがあるんです。

特に深海魚&猛毒生物に(^-^;)

 

少し遅くなりましたが、今年の年始に家族で茨城県にある『ミュージアムパーク茨城県自然博物館』という博物館に行ってきました。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館入り口 ミュージアムパーク茨城県自然博物館看板

この博物館に行ってきた目的は、この時期やっていた『サメ展』を見るため。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館サメ展ポスター

ゆすい姉妹(優&翠)は、何気にサメが好きなんです。

まあ好きとはいっても、Youtubeの動画で見る程度ですが…(^_^;)

 

ここの博物館、想像以上に良い博物館で、地元でも遠足や校外学習として使用される博物館になっています。

優も実際に保育園の時に一度出かけています。

 

ということで、今回はその『ミュージアムパーク茨城県自然博物館』に行ってきた感想を書いてみようと思います。

 

スポンサードリンク


 

見て、触って、体験できる!

ここの博物館は見学するだけでなく、実際に触ったり、何かを操作して体感することもできる博物館になっています。

マンモスの化石

巨大な化石標本(レプリカ含め)を間近で色々な角度で見れます

恐竜の化石

恐竜の化石もいっぱい展示されています

古代ザメに興奮する翠

「め!、め!」
サメ、サメと言ってます

骨格標本

様々な骨格標本も展示されています。
「マンボウいたよ!」

トビイロケアリの模型

スモールライトで小さくなった時の自然の風景の展示コーナーもあります

シーラカンス標本

シーラカンスコーナーは個人的にもっと良く見たかったです。子供がいるとなかなかね…(^-^;)

隕石に触る翠

宇宙コーナーにある隕石には実際に触れることもできます

タヌキの毛に触る翠

動物の毛の触感も、実際に触って体験できます

双眼鏡を覗くダウン症優

各双眼鏡を覗くと、その先に展示されている動物たちがどのように生活しているかを観察できます

猫が見る風景

猫が見る風景を、猫目線で体験

 

メイン展示!?大迫力のリアル恐竜!

総合展示コーナーの第2展示室『地球の生いたち』には、この博物館の目玉にもなっている動く恐竜が展示されています。

ホームページで見た時はそこまで期待していなかったのですが、動きがなかなか滑らかで造りもかなりハイレベルでした!

『ゴォォアアアアーーーー!!!』と叫ぶ恐竜の音声が部屋の入り口から聞こえてくるのですが、二人ともその瞬間ビビってしまい足を止めました(^-^;)

恐竜にビビるゆすい姉妹

翠「え…、あそこになんかいるよ…」
優「・・・(見なかったことにしよう)」

恐竜で泣く優

なんとか抱っこして近くまで連れていきましたが、「イヤイヤ!怖い!」と二人とも泣いていました(^▽^;)
それくらいリアル。

二人とも泣いて、再度訪れた2回目に動画撮影しました↓

優が『食べない?』と心配していました…(^-^;)ンナアホナ!

 

ちなみにこの日の目的は『サメ展』だったわけですが、サメの展示コーナーに入るや否や、巨大模型にビビった優は一人部屋から逃げ出しました…(^▽^;)

サメ模型ゆすい姉妹

この時はまだサメに対して恐怖心を持っていなかったけど…

不安になる優

展示室に入るや、不安になる優

サメ模型見て固まるダウン症優

この模型を見た瞬間固まる優…。

この後、優逃走…。

翠ジョーズ

恐竜に比べたら粗い造りなんですけどね…(^-^;)翠は余裕

優が逃げ出したため、結局サメのコーナーはあまり見ることができませんでした…(^_^;)

 

休憩室完備!お弁当はここで

博物館の中にはレストランがあります。

でも土日祝日は結構混むらしいので(お値段もそこそこ)、うちはお弁当持参で出かけました。

館内には食事ができる休憩室があるので、ここでお弁当を食べることができます。

この日はおにぎりとからあげを持参。

お弁当食べるゆすい姉妹

二人とも夢中で食べていました

休憩室の外に飲み物の自動販売機はあるのですが、この日は子供が飲めそうなドリンクは全て売り切れていました。

なので、水筒も持参されると良いかと思います。

ちなみに館内入り口付近に「無料ロッカー(100円が返ってくる)」があるので、お弁当などはここに置いてから見学すると良いかと思います。

暖かい季節ならレジャーシートを持って外で食べるのもいいですね♪

 

博物館は館内だけではない!外も立派な体験学習の場

博物館内はそこそこ広いのですが、外はかなり広大!

まあだからといって”コレ”っていうものはないのですが、春や秋などの気候が良い時は散歩しながら自然を満喫できる公園になっています。

家族でお散歩

のんびりお散歩も良かったです

双眼鏡を覗くダウン症優

東側の土手の上には双眼鏡が設置されています
これで野鳥の観察などもできます

管生沼

東側は「管生沼」という沼があります

散歩ゆすい姉妹

広い園内ではしゃぐ二人

楽しい翠

「走るの楽しいー♪」

ダウン症優ガイド

なんとなくガイドっぽい優

 

外で遊びながら自然を体験

施設南側の丘の上にはトランポリンもあります。

トランポリン

丘を上がっていくと円形のトランポリンが見えてきます

二人ともここを見つけるや、速攻で靴下を脱いでピョンピョン遊びまわっていました。

テント型のトランポリン

テント型のトランポリンになっています

トランポリンダウン症優

優はビビリなので最初は慎重に歩いていましたが、慣れたらピョンピョンしまくっていました

トランポリン翠

翠もお姉ちゃんと一緒に楽しんでいました

 

冬は木々も寂しい感じですが、他の季節は彩りがあってまた違った風景が見れそうですね。

今度はもっと暖かい時期に来てみたいと思います(^-^*)

 

写真撮影OK!工夫すればインスタ映えも狙えるかも(笑)

そういえば、ここまで見てもらってなんですが、博物館内の撮影はOKです。

水槽エリアなどでフラッシュを焚かなければどこを撮影してもOKとインフォメーションのお姉さんから聞きました。

ここの博物館の展示は、なかなかユニークな展示が多いので、工夫して撮影すればインスタ映えも狙える”かも”しれませんね(^-^;)

ホネゴジラ

優「出たな!ホネゴジラ!」
インスタ映えではなく、写真ボケになってしまった…。

 

ということで、今回は『ミュージアムパーク茨城県自然博物館』に行ってきた感想を書いてみました。

『天気を気にせず子供をどこかに連れていきたいけど、どこに連れて行けばいいか悩む…』という親御さんにオススメの博物館です♪

参考になれば幸いです。

 

ミュージアムパーク 茨城県自然博物館

 


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • いいですね~すごく楽しそう♪
    うちも冬休みに福井にある恐竜博物館にいきましたが、恐竜って性別問わず子供らが楽しんで驚くことができいいですね。
    うちも博物館や水族館は天候を気にせず行けるから好きですね。さすがにもう娘らが室内遊園地なお年頃ではなくなったので…寂しくもあります。滑り台を何回も何回もすべっていたころが懐かしいです。
    京都は毎日とても冷えてます。こんなに寒い冬は久しぶりのような気が。学級閉鎖もでてきてはらはらしてます。こんな冬は本当に室内さまさまです。
    そうそう、最近我が家がはまってるのはイチゴ狩りです。ケーキやプリン、アイスなんかにかりたてイチゴをトッピングできたり、温室でぬくぬくなんかで娘ら気に入ってます。ゆう&翠姉妹、おすすめです。

    • ちえさん、いつもコメントありがとうございます!

      恐竜って、子供にとって”ロマン”なのですかね…(^-^;)自分も子供の頃好きだったな。。

      『滑り台を何回も何回もすべっていたころ』←うちがまさに今これですね。優はいまだに滑り台大好きです。

      京都、冷えてそうですね。
      毎回言ってますが、雪景色も似合いますよね。

      うちは上記のように外の公園で滑り台大好き姉妹なので、こういう冬の時期は見守っている親は寒くて辛いですよね…(^_^;)

      イチゴ狩り、去年結局行けてなかったので、今年は必ず行くつもりです。
      そっか、色々アレンジできるのはいいですね!
      しかしながら残念なのが、うちの姉妹はイチゴがそこまで好きでないっていう…(^▽^;)
      でも連れていきます(笑)

      あ、そういえばナガシマスパーランドの木造コースター、終わっちゃいましたね。。
      うちの娘たちがもうちょっと大きくなったら乗せたかったんですけどね(^-^;)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    yoshitencho

    1976年生まれの二児の父親。週末限定カフェ『カフェガパオ』のオーナーでもある。役に立つこと・面白いことをモットーに、日々情報を発信していきます。各記事の冒頭にはしょうもない一文が載っていて寒いですが、やがてその寒さがサウナの水風呂のように慣れてきます。(多分)