『本要約チャンネル』は仕事をしながらインプットができる「最強の勉強ツール」!

本要約チャンネル最強の勉強ツール



ヨッシー店長
人生は「常に勉強することが必要」だと思う。
どうもヨッシー店長です。

 

サラリーマンを辞めてから早6年。

独立してからずっと忙しい日々が続いています。

 

ただ…、ここ最近は本当に忙しく、なかなか

インプットする時間(新しい知識を得るための勉強時間)」

が取れていません…。

 

忙しくなかった時代は、

「読書(または実地体験)→考えをまとめる→ジョギングしながら応用を考える」

などのルーティンができていたのですが、最近はそれもまったくできていません…(-_-;)

 

「このままじゃまずい!」

そう思い、最近は「ある方法でインプット」を行っています。

 

それは

本要約チャンネル(YouTube)」

を視聴すること。

 

 

自分の場合、仕込み時間が長いこともあり、この時間を上手く活用してインプットを行っています。

 

本要約チャンネルでインプットするようになって思ったことは、

「効率良くインプットするのに、『本要約チャンネル』は現状、最強である!」

ということ。

これはどういうことかというと…

 

ということで今回は「本要約チャンネルのメリット・デメリット」を紹介してみたいと思います。

 

 

本要約チャンネルのメリット

何事にもメリット・デメリットはありますが、本要約チャンネルのメリットは、主に以下の4点です。

 

  1. 聞き流しでインプットができる
  2. 読書時間が短縮できる
  3. “まとめ”のまとめである
  4. 普段読まない本と出会える
    1.  

       

      メリット1「聞き流しでインプットができる」

      ほとんどの『本要約チャンネル』では音声が流れるため、これを聞き流すだけでも
      「気軽にインプット」
      することが可能です。

      ラジオや音声サービスでもインプットすることは可能ですが、動画の方が「音声+映像」であるため、より深く理解することができます。

      特に要約内容を「箇条書き」でまとめられていると、さらに理解しやすくなります。

       

      ※こういう箇条書き↓
      本要約チャンネル
      引用 – 本要約チャンネル【毎日19時更新】

       

      本要約チャンネルは聞き流しができるため、「あまり思考を要さない作業(自分の場合は料理の仕込みなど)」をしながらの視聴に向いているといえます。

       

      メリット2「読書時間が短縮できる」

      本の内容量や読む人の速さにもよりますが、本を1冊読む場合、数十分から数時間は時間が取られるかと思います。

      しかしながら本要約チャンネルでは、他の作業をしながら聞き流すことが可能なので、読書に取られる時間自体は実質

      「0分」

      になります。

       

      自分は以前からこれに近いこととして「目次だけを読む」ということをしてきました。

      これは、目次を読むことによって「おおよその内容を予想する」という手法です。

      「自分が気になった章だけ読む」ことによって読書時間を短縮することができます。

       

      ただ、目次だけだと「どうしても要点を深く理解することはできない」ですし、目次自体を読むだけでも数分は使ってしまいます。

      その点、本要約チャンネルは目次よりも深く解説してくれて、読書に取られる時間は0分なので、結果的に「読書時間は短縮できる」といえるでしょう。

       

      メリット3「”まとめ”のまとめである」

      本自体「知識をまとめたもの」ですが、本の要約は「そのまとめた知識を、さらにわかりやすくまとめたもの」になっています。

      そのため、本要約チャンネルを視聴することで「その本の最も重要な部分を、効率良くを学習することができる」といえます。

       

      本要約サイトなどもありますが、こういうサイトはテキストを読まなくてはなりません。

      その点、本要約チャンネルは聞き流しが可能なため、テキストよりも「動画に分がある」といえます。

       

      メリット4「普段読まない本と出会える」

      前述したように、本要約チャンネルは「聞き流し」ができるため、自分が普段読まない本でも「BGM代わりに気軽に聞き流すことが可能」です。

      最初は興味がなかったけど、聞き流しているうちに「あれ?結構面白そうだな」と興味を持てる可能性があります。

      本要約チャンネルは「気軽に自分の視野が広がるメディア」ともいえるでしょう。

       

       

      本要約チャンネルのデメリット

      「時短」の要素が多い『本要約チャンネル』ですが、デメリットもあります。

       

      1. 読んだ気になってしまう可能性がある
      2. 要約している人の主観が入る
        1.  

          デメリット1「読んだ気になってしまう可能性がある」

          本要約チャンネルはあくまでも「要約」であって、本全体を隅々まで読んだことにはなりません。

          動画で上手くまとめられていると、「読んだ気になってしまう可能性がある」のが、一つ目のデメリットです。

           

          基本的に本要約チャンネルは「きっかけ」と割り切り、気になれば紹介された本を実際に読書した方が良いでしょう。

          ヨッシー店長
          自分は気になった本は読書するようにしています。
          本要約チャンネルを視聴した後に読書をすると、よりよく理解できます。

           

          デメリット2「要約している人の主観が入る」

          本要約チャンネルは、動画制作をした人の主観(その人が大事だと思われる部分)が入るため、「必ずしもその本の趣旨が全て理解できるわけではない」のが、二つ目のデメリットです。

          『実はピックアップした項目以外に重要なポイントがある』なんてこともありえます。(まあ、概ね間違ったことは言ってないと思いますが…)

          なので、デメリット1と同様に本要約チャンネルは「きっかけ」と割り切り、気になれば実際に本を隅々まで読んだ方が良いでしょう。

           

           

          本要約チャンネルのメリット・デメリットまとめ

          ということで、今回は「本要約チャンネルのメリット・デメリット」を紹介してみました。

           

          自分は仕込みの最中、ラジオ(主にJ-WAVE)を聴いている場合が多いのですが、ラジオは情報が一方的なのに対し、YouTubeは「自分が視聴したい内容を選択」できます。

          そのため、あまり思考力を使わない「ながら作業」の時は、本要約チャンネルやその他興味のある動画を聴いています。(あくまでも見るではなく聴く)

           

          飲食業って本当にやることが多く、1日15時間労働する日も普通にあります。

          そんな忙しい中、「仕事をしながら効率良くインプット」ができる『本要約チャンネル』というメディアは、今の自分にとって「最強の勉強ツール」といえます。

           

          ヨッシー店長
          ちなみに自分は現在「お金」「ビジネス」「健康」などのカテゴリーをよく視聴しています。

           

          今回の記事が「忙しくてインプットする時間がない!」という方に少しでもお役に立てば幸いです。

           

           


          スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1976年生まれの二児の父。タイ料理カフェ『カフェガパオ』のオーナー。料理担当。3DCG、Webデザイン、ネットショップなどを経験しつつ、現在は飲食業を主軸に多角度的活躍を狙う、自称「ハイパー飯屋クリエイター」。現在は「自宅飲食店開業の専門家」としても活動中。SF映画が好きで特にアメコミ系と時間軸系が好物。100mの至近距離でUFOを見たことがある。