芝生を張替えてわかった整地の重要性とその施工方法 やっちまった驚愕のしくじりとは!?

整地の重要性とその施工方法

僕はM字のハゲラッチョ!

どうもヨッシー店長です。

 

今回は自分のハゲに関してではなく、「芝生」のハゲに関しての話です。

 

自店のテラス席部分にある芝生は、店が開店する3ヶ月前に初めて張りました。
かれこれ5年前のことです。

最初はこんな感じでとても青々キレイな芝生でした。

青々してた頃の芝生

 

しかし、芝張り当初は青々していた芝生も、雨による土の流出や、雑草への養分盗用、メンテナンスの不十分さなどにより、どんどん枯れていきました。

枯れた芝生

見てみい、この芝生! カッサカサやぞ!カッサカサやぞ!

 

5年経ったこともあり「そろそろ芝生を張り替えよう」と思い、色々調べてみるとある驚愕のしくじりを犯していることに、5年後の今初めて気付きました。

 

ということで、今回は自分がやってしまったしくじりと、芝生を張替えてわかった整地の重要性とその施工方法を紹介していきたいと思います。

何かのお役に立てば幸いです。

 

※今回芝生の張り方等は、主に「コメリ」さん、「芝生生活」さんの情報を参照にさせて頂きました。

 

スポンサードリンク



 

犯していた驚愕のしくじりとは?

まずは、自分がやらかしていた驚愕のしくりじをご紹介。(こんな俺になるな!)

しくじり1 そもそも整地作業してなかった

初めて芝生を張った時、芝生の下地になる土は少し耕す程度で、ほとんど「整地作業」をしませんでした。

拳大の石などは取り除きましたが、それより一回り小さい程度の石は放置したままでした。

しかも、しっかり平らにせず、多少デコボコがあっても気にしていませんでした。

 

しかしこの整地作業、実はとても大事な作業で、これをしっかりやるかやらないかで、後々大きな差が出てくるのです。

後述しますが、耕す程度ではダメだったんです…。

 

ちなみに芝生自体はマット型だったので、「マットの裏から根が伸びて土に根付いていくのだろう」と安易に思い込んでいたのも、しくじりの一因です…。

 

しくじり2 3年目以降の散水はほぼ雨水のみ

「釣った魚に餌をあげない」、芝生に関してはまさにこんな感じになっていました…(^▽^;)

2年目まではそれなりに気にしていた散水も、3年目以降の散水はほぼ雨水に依存していました。

それでも夏場は散水していた方ですが、年々意識が薄くなっていました…。

 

しくじり3 メンテナンスは肥料を撒くだけ

芝生のメンテナンスには、目土入れやエアレーション、サッチングなどの方法があるのですが、自分がやっていたのは「雑草のみを除草する肥料を撒いただけ」でした。

3年目くらいまでは肥料だけでも問題なさそうだったのですが、4年目以降は芝生がスカスカしてきました。これは目土入れという土を入れてあげなかったことが大きな要因と思われます。

 

しくじり4 雑草はデカくなったら抜くけど基本無視

芝生に生えた雑草を抜く作業はメンテナンスの一つでもありますが、雑草は「大きくなったら抜く」というスタンスでいました。

夏場は無数に生えてくるので、芝刈り機で一掃していました。(もちろん葉はなくなるけど根っこは残ったまま)

基本的に小さい雑草は無視し、これも大きくなってから抜いていました。

 

また、イネ科の雑草は太く硬くなるので、どうしても抜けない場合は、ノコギリで芝生ごと切り落としていました。

そんなことをしていたら、芝生と土の部分が混在するデコボコの芝生へと変貌してしまいました…(+_+。)

 

 

こんな感じで、数々のしくじりを犯してしまい、遂には青々した芝生がズタボロの芝生へと変容してしまったのです。

 

今回芝生を張りなおすことを決め、「しっかり勉強したうえで芝生を張り替えよう!」と決意し、再度芝生張りに挑みました。

 

芝生の張り方

芝生の張り方の詳細は、参考ページ(コメリ、芝生生活)をご覧頂きたいのですが、ここでは簡単にポイントと張り方手順を書いておきます。

 

    ポイント

  • 芝張りのおすすめの時期は、3~6月。
  • 芝生の生育条件は、日当たりと水はけが良いこと。
  • 必要なものは、芝生、砂、床土、目土、バケツ、シャベル、アメリカンレーキなど。

 

    張り方手順

  1. 芝生を張る場所全体を7cm程度掘りかえす。
  2. 掘ったら凹凸をなくす。
  3. そこに深さ5cmほど砂を入れていく。
  4. 砂を平らにならし、散水して砂を締める。
  5. 砂の上に床土用の土を2cmほど敷く。
  6. 床土を平らにならし、上から踏み固めて土を締める。
  7. マット型の芝生を隣との間を1,2cm空けて互い違いに並べていく。
  8. 敷き終わった芝生の上に目土をかけて全体になじませる。
  9. たっぷり散水し、芝の根にまでいきわたるようにする。
  10. 2週間位は毎日散水し、根付くまでは芝生の上を歩かないようにする。

 

整地作業の重要性

芝生を張る手順で、整地作業(下地造り)をすることは、何よりも重要です。

自分はしくじって、この整地作業をやりませんでした(-_-;)

 

整地時に砂を入れるのですが、この砂が降った雨を排水させる下水道の役割を担ってくれます。

水はけの良い芝生は、枯れたり病気になりにくくなります。

また、床土をしっかり敷くことによって、芝の根が根付きやすくなります。

 

整地作業の施工方法

今回自分が行った整地作業を備忘録としてまとめてみたいと思います。

 

用意した物

芝生

芝生

ちなみに今回芝生はここ↓で購入しました♪

砂と芝用土

砂と芝用土(床土兼目土)

道具

バケツ、土ふるい、シャベル、ノコギリ、クワ、三ツ又熊手、ハサミ、ワインボトル、軍手

 

整地から芝張りまで

下の土をほりおこし

まずは張り替える部分の芝を剥がし、下の土をほりおこします。

砂入れ

平らに整地後、そこに砂を入れていきます。

砂固め

敷き詰めた砂に散水し、その後踏み固めます。

土ふるい

最初に掘り出した土をふるいにかけ、砂の上に敷きます。

ワインボトルで

細い部分はワインボトルで踏み固めました。

床土

さらにその上に床土を敷き詰めます。

踏み固め

床土も踏み固めていきます。

散水固め

ここでも散水し、床土を固めています。

芝生マット

ここでようやく芝生マットを敷いていきます。

芝生マット目地

芝生マットは隣の芝と1,2cm程あけて敷いていきます。こうすることによって水分が入りやすくなり芝生が丈夫に育ちます。

芝生マットをカット

芝生マットはカットもできるので、細い箇所はカットして対応します。

目土をなじませる

敷き詰めた芝生の上に目土を撒き、全体になじませます。

芝生に散水

目土に散水し、十分に芝生に水をあたえます。

 

ということで、今回は自分がやってしまったしくじりと、芝生を張替えてわかった整地の重要性とその施工方法を紹介しました。

今回の芝生は長生きするようしっかりメンテナンスしていきたいと思います(^-^)q

芝生の張替えを検討している方にお役に立てば幸いです。


スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

yoshitencho

1976年生まれの二児の父親。週末限定カフェ『カフェガパオ』のオーナーでもある。役に立つこと・面白いことをモットーに、日々情報を発信していきます。各記事の冒頭にはしょうもない一文が載っていて寒いですが、やがてその寒さがサウナの水風呂のように慣れてきます。(多分)