YBIKE(ワイバイク)は優に丁度良かった☆4歳前後の子供におすすめしたいプレゼント

YBIKE(ワイバイク)に乗った感想

日本では「自転車シェアリング」が増えつつあるけど、返却場所が固定されている。しかし、中国の北京の自転車シェアリングは1時間あたり10円~20円と格安で、なおかつ『どこで乗り捨てても良い』らしい…。日本、負けとるな…。

どうもヨッシー店長です。

 

先日優が8歳になり、誕生日当日に誕生日会をやる予定だったのですが、翠が入院していたこともあり開催を延期していましたが、退院後の日曜日に誕生日会をやりました。

まあ誕生日会といっても、バースデーケーキを食べて、プレゼントを贈るだけの小さいパーティーなのですが…(^_^;)

 

今回もバースデーケーキは近所のパティシエさんのお店「Shukuka(祝菓)」さんで依頼しました。

今回は、優と翠が現在好きな「ちいさなプリンセス ソフィア」をモチーフにケーキを作ってもらいました。

ダウン症優8歳バースデイケーキ

いやー、毎回そうですが、流石パティシエ!めちゃ上手です♪

 

優もこのケーキを見て「うわーっ!ソフィアだー!!」と喜んでいました。

ダウン症優8歳

ソフィアのクッキーは、1週間経った今でももったいなくて食べていません(^▽^;)

 

ちなみに前回の翠の時の「となりのトトロ」はこちら♪

 

プレゼントは、先日の記事「子供の体力を強化するため、誕生日プレゼントに「これ」を贈ることにしました」でも紹介しましたが、「YBIKE(ワイバイク)」をプレゼントしました。


「YBIKE(ワイバイク)」

ワイバイクは、三輪車とストライダー(キッズバイク)の間くらいの乗り物です。

 

プレゼント当日は夜だったこともあり、「明日パパが組み立てておくから、明日学校から帰ってきたら乗ろう」と言ってその日は箱だけ見せて納得してもらいました。

次の日、早速ワイバイクに乗ったのですが、予想以上に楽しんでくれました(^-^*)♪

 

ということで、今回はワイバイクに実際乗ってみた感想を書いていきたいと思います。

お役に立てば幸いです。

 

スポンサードリンク



 

ワイバイクの基本情報

  • 適応月齢:2歳以上(耐荷重100kg)
  • サイズ:W300×H400×D850mm
  • 重量:約3.8kg
  • 素材:HDPP/HDPE/スチール
  • 要組立(組立工具付)

 

    【商品特徴】

  • 後輪が2輪になっているので安定し、転倒しにくくなっています
  • 従来の3輪車や自転車とも異なる新感覚の幼児乗用車
  • 補助輪がないことにより、無意識に体重移動を行い、自然とバランス感覚が身に付きます
  •   その結果、自転車への移行が、スムーズに進みます

  • 耐荷重100kgなので、大人の腹筋運動にも使えます
  • アウトドアで遊ばれる際は、安全のためヘルメット・プロテクターの着用をお勧めいたします
  • この商品は簡単な組立が必要です(工具付き)

 

「チョウドイイ♪」優には丁度良い乗り物

ダウン症優ワイバイク乗る

ワイバイクは、完全な2輪車と違い、後輪が2個になっています。(ある意味3輪かも)

そのため、置いている状態では倒れません。すなわち”安定”しているわけです。

なので、またがったくらいでは倒れません。

 

優は性格がビビリなので、もしすぐに倒れるようなもの(ストライダーや自転車など)だと、「いやっ!もうやらない!」となると思います。

でもこのワイバイクはすぐに倒れないので、優も安心して乗ることができました。

常に両足を地面に着けられるのも、安心ポイントかもしれません♪

 

モーターがあるわけではないので、平坦な道路では自律走行はできません。

そのため両足で地面を蹴るか、歩くように両足を使わないと前に進めません。

優の場合は後者で、地味ーにテクテク進む方法で前進していました。

傍から見ていると「じ、地味すぎる…。楽しいのかな…?」と思ってしまうのですが、本人いわく、「楽しいー♪♪♪」とのこと(^_^;)

ダウン症優ワイバイク楽しむ

「このバイク、楽しいー♪楽しいー♪」

変にスピードが出ないこれくらいの乗り物の方が、優には丁度良いのかもしれないですね。

 

「This is サイコーにちょうどいい」

これはホンダのフリードのキャッチフレーズですが、優にとってワイバイクはフリードみたいなものかな…(^_^;)

ちなみにうちの車がフリードです。

 

1時間程乗っていると、両足を地面から離したりする余裕もできました。

まだスピードを出せるほどではないので(亀レベルのスピード)、ノーヘルでも大丈夫ですが、スピードを出すようになったらヘルメットやプロテクターは装着させたいと思います。

装着したところ↓
ダウン症優ワイバイクプロテクター

 

ワイバイクの良いポイント

まだそれほど乗っていませんが、ワイバイクの良いポイントを紹介したいと思います。

 

バランス感覚向上に役立っている

優の場合、地味にノロノロ移動とはなっていますが、またがって前進することによって、前後左右のバランス感覚が向上しているように思います。

自分も少し試乗しましたが(耐可重量100kgです)、意外と「体幹(胴体の中心軸)」を使うので、体幹が安定するバランス取りは自然と身に付くように思いました。

ちなみに大人には車高が低すぎて、漕ぐのはキツかったです…(^-^;)

 

下半身の強化

脚で漕ぐしかないので、ももの付け根から先は全て使う形になるので、下半身の強化に役立ちそうです。

歩く時よりも、ももやひざを使うので、脚の筋力が弱い優には筋力トレーニングになりそう(^-^*)

 

自信がつく

優は今までこういう立ち乗りの乗り物は乗ったことがなかったのですが、今回「自分一人で乗って動かせた」というのは、結構な自信につながりました。

「一人で乗ってるところをおばあちゃんに見せる!」と意気込んでいて、自分でも「やったー!できたー!」という気持ちがあるのだと思います。

何を始めるにもそうですが、”自信”ってとても大事ですよね(^-^)q

これもワイバイクが倒れにくいという特性があったからこそな気がします。

 

軽く頑丈

優が持ち上げられるくらいの重さ(約3.8kg)なので、こんな感じで方向転換もできます。

ダウン症優方向転換

また、素材が頑丈で、壊れにくいのも良ポイント♪

 

組み立て簡単

乗った感想とは違うのですが、組み立てもめちゃ簡単なところも良ポイントですね。

ワイバイク箱

こんな感じの箱に入っています

ワイバイク中身

箱を開けたところ

ワイバイク部品

部品は工具を含めそんなに数はないです

ワイバイク組み立て完了

10分くらいで組み立て完了しました

説明書通り組み立てれば、10分もあれば完了できます。

※前輪の車輪軸のボルトを締めすぎると、タイヤが回りにくくなるので、ある程度”あそび”がある締め方が良いと思いました。

 

まとめ

ということで、今回はワイバイクに実際乗ってみた感想を書いてみました。

優の身体と精神の年齢的には3~5歳くらいですが、それくらいの子供には良い乗り物だと思いました。

ストライダーや自転車デビューをする前の4歳前後の子供には良いのではないでしょうか(^-^*)

ちなみに翠(2歳)は、またげましたが、漕ぐのはまだ無理でした。

ゆすい姉妹ライド

前に乗っているのは「気を溜めている藤岡 弘、さん」ではありません

 

上記の情報がお役に立てば幸いです。


スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

yoshitencho

1976年生まれの二児の父親。週末限定カフェ『カフェガパオ』のオーナーでもある。役に立つこと・面白いことをモットーに、日々情報を発信していきます。各記事の冒頭にはしょうもない一文が載っていて寒いですが、やがてその寒さがサウナの水風呂のように慣れてきます。(多分)