2020年2月バンコク食べ歩き旅【後編】今回のベスト飲食店はどこに!? クローントゥーイ市場では「最大カオス」を体感!

2020年2月バンコク食べ歩き旅【後編】



ヨッシー店長
すみません、1ページでまとめるには長すぎ&重すぎたため、2020年2月バンコク食べ歩き旅は【前編】【後編】に分けました。
どうもヨッシー店長です。

 

今回は2020年2月バンコク食べ歩き旅の続き(後編)です。

※【前編】はこちらから♪

 

 

目次

タイ入国後の主なスケジュール

 

※写真が多いので、各写真は小さく表示していますが、クリックで拡大できます。

 

バンコク滞在4日目「チャトチャック市場で食器購入&タラートロットファイラチャダー見学」

7:00 起床

この日はチャトチャック市場に行く予定だったので、その途中駅下にある4種のカオマンガイが食べられる『Jub Jub Khao Man Kai(ジュブ・ジュブ・カオマンガイ)』へ向かう。

 

8:30 『Jub Jub Khao Man Kai(ジュブ・ジュブ・カオマンガイ)』で朝食

Jub Jub Khao Man Kai(ジュブ・ジュブ・カオマンガイ) Jub Jub Khao Man Kai(ジュブ・ジュブ・カオマンガイ)

4種のカオマンガイで有名な店。

4種のカオマンガイ

4種のカオマンガイ(蒸し鶏、照り焼き鶏、揚げ鶏、ピリ辛揚げ鶏)

“イロモノ”的なカオマンガイだと思っていたので、あまり期待はしていなかったが、味はまあまあ美味しかった。
肉よりご飯が美味しかったかも…(^-^;)
店主の女性が日本語を話せて、すぐにオーダーが通った。美人姐御。

 

9:30 『チャトチャック市場』で買い物

チャトチャック市場 チャトチャック市場内部

今回この市場に行った目的は、料理教室で使えそうな「安い食器」を探すこと。

チャトチャック市場は広くて迷いそうだったが、探し物を「食器」に絞っていたので、散策エリアは小さく済んだ。
料理教室で使うココットなどを購入。

チャトチャック市場キッチン雑貨店 チャトチャック市場のニワトリ柄の食器
チャトチャック市場のニワトリ柄の食器のおばちゃん

チャトチャック市場のニワトリ柄の食器屋のおばちゃん

2時間程チャトチャック市場内を散策し、昼食を食べにプロムポン駅にあるガパオライスの人気店『ウタイ』へ。

 

12:30 『ウタイ』で昼食

バンコクのガパオライス店ウタイ バンコクのガパオライス店ウタイ店内

プロムポン駅周辺は日本人が多いだけあって、店頭ですぐに「ガパオライス?」と言われ、そのまま店内へ。

ウタイの鶏肉のガパオライス

ウタイの鶏肉のガパオライス

ガパオライスは期待していた程ではなかったが、なかなか美味しかった。
緑のはインゲンとドーク・カジョン(夜来香)と呼ばれる花野菜。

 

13:00 『フジスーパー』でお土産購入

フジスーパーの調味料売り場

ここで一旦、お土産を買うことに。
『フジスーパー』という日本人用のスーパーでお菓子や調味料などを購入。
大量買いしたので、一旦GRABタクシーでホテルへ戻る。

 

14:30 『Iwane goes nature』で仕事

Iwane goes nature Iwane goes nature店内

夕方まではアソーク駅近くのカフェ「Iwane goes nature」でリコッタチーズのパンケーキを食べながら仕事。

Iwane goes natureのリコッタチーズのパンケーキ

Iwane goes natureのリコッタチーズのパンケーキ

その後「タラート・ロットファイ・ラチャダー」というインスタ映え市場を見学しに行く。

 

18:00 『タラート・ロットファイ・ラチャダー』で夕食

Talat rotfai ratchada タラート・ロットファイ・ラチャダー

タラート・ロットファイ・ラチャダーの一店舗で「カオパット(チャーハン)」を食べる。

カオパット(チャーハン)

カオパット(チャーハン)

しかしここは失敗した!(笑)
カオパットが作り置きであまり美味しくなく、食べてる最中に虫がダイブしてくる…。
やはり飛び込みで入った店は失敗することもあるなぁ…と実感(^-^;)
正直ナイトマーケットは見て回ってるだけでお腹一杯だった。

 

その後隣のショッピングモールの立体駐車場の4階からインスタ映え写真を撮影。

タラート・ロットファイ・ラチャダー上からの眺め

写真で見るよりも迫力があった。日本人がやたら来ていた(^-^;)

 

22:00 就寝

 

バンコク滞在5日目「トンローとプロムポン周辺を探索」

7:00 起床

朝食はお粥を食べようと思い、トンロー駅近くにある『Joke Bangkok』へ。
GRABタクシーで移動。

 

8:30 『Joke Bangkok』で朝食

Joke Bangkok Joke Bangkok店内

豚肉と塩卵入りお粥を注文。

豚肉と塩卵入りお粥

豚肉と塩卵入りお粥

タイ式のお粥をタイで食べるのは初めて。朝食に良いね♪
でもボリュームがあるので昼までお腹空かなさそう。
お粥自体は味がほぼ無いので、卓上調味料で味を変化させるのが楽しい。

 

9:30 『Thonglor Travellers Hostel and Cafe』で仕事

Thonglor Travellers Hostel and Cafe Thonglor Travellers Hostel and Cafe

オシャレカフェで仕事。
フリーwi-fi、電源もあり、駅直下で便利。
窓際カウンターが仕事しやすかった。

 

12:00 『タリンプリン』で昼食

タリンプリン taling pling

以前うちの店にも来てもらったことのあるバンコク在住の知人と、急遽バンコクで会うことに。
待ち合わせは『タリンプリン』というタイ料理レストランで。

バンコクで日本の友達に会えるのは嬉しい♪
ちなみに旦那さんは同時期に1km以内の場所に住んでいたことが発覚。世間とは狭いものだ。

タリンプリンの食事は全て美味しく、今回のバンコク旅の中で一番美味しかった

クンオップウンセン(海老と春雨の蒸し焼き)

クンオップウンセン(海老と春雨の蒸し焼き)

カオパットプー(カニチャーハン)

カオパットプー(カニチャーハン)

マッサマンカレー

マッサマンカレー

ヤムトゥアプルー(四角豆のサラダ)

ヤムトゥアプルー(四角豆のサラダ)

パッタイ

パッタイ

トートマンプラー(タイ風さつまあげ)

トートマンプラー(タイ風さつまあげ)

トムヤムプラー(白身魚のスパイシースープ)

トムヤムプラー(白身魚のスパイシースープ)

クワイのかき氷

クワイのかき氷

何を食べても美味しいので、誰かを連れて行きたくなる店といえるでしょう。
この店で修行したいな(笑)

『タリンプリン』が、

 

14:30 『The EmQuartier』を探索

その知人に『The EmQuartier』というショッピングモール内を案内してもらった。
お土産はこっちの方が種類が多くて良かったかも。。
何気にここの地下にあるフードコートが安くて美味しいらしい。

 

16:30 『Hakata Coffee Bangkok』で一休憩

カフェで一休憩しようと思い入店したが、どうやら17:00閉店だったらしい…。

知人オススメのマッサージ店『at ease Sukhumvit 39 MASSAGE&SPA』へ行くが、予約がない場合は21:00になるとのこと。
明日帰国なので、仕方なく『The EmQuartier』のフードコート横のカフェでしばらく仕事。

 

19:00 『The EmQuartier』のフードコートで夕食

夕食は、この後のマッサージを考え、フードコートの『SWANG NOODLES』で牛肉のクイッティアオ(タイ風牛肉ラーメン)を食べた。

『SWANG NOODLES』で牛肉のクイッティアオ

牛肉のクイッティアオ

たしかに値段の割に美味しかった。

 

21:00 『at ease Sukhumvit 39 MASSAGE&SPA』でマッサージ

at ease Sukhumvit 39 MASSAGE&SPA

日本人が多く通っている様子で、日本語で普通にやりとりができた。
知り合い曰く「2時間のじゃないと効果がない」とのことだったので、2時間のマッサージを受けた。
身体がとても軽くなり、今まで上がりにくかった肩回りの硬さが取れた。

ヨッシー店長
熟練ぽいおばちゃんが「カ、カタイ…」と言ってたので、相当身体が硬かった様子です…。

 

23:00 就寝

 

バンコク滞在6日目「クローントゥーイ市場を探索」

7:00 起床

この日の朝食は、昨日の知人におすすめされたクイッティアオの人気店『ピークガイサイナームプン』へ。

 

8:30 『ピークガイサイナームプン』で朝食

ピークガイサイナームプン Guaythiew Pik Gai Sai Nampung

店員のお兄さんは日本人に慣れているようで、入ってすぐに『麺は?』と聞かれたので、「センレック(中太米麺)!」と答えたら、すぐに注文が通りました。

クイッティアオ・ピークガイ(手羽先肉のタイ風ラーメン)

クイッティアオ・ピークガイ(手羽先肉のタイ風ラーメン)並盛

鶏ガラスープが美味しく、これで50バーツはコスパがかなり良い!

『ピークガイサイナームプン』が、

食後はGRABタクシーで『クローントゥーイ市場』へ移動。

 

10:00 『クローントゥーイ市場』を探索

klongtoey market クローントゥーイ市場

クローントゥーイ市場は、この旅一番のカオス!カオス!!カオス!!!
汚れや臭気が半端ない(^-^;)

生肉が常温で販売され、豚の頭もあるし、生きた鶏が入った籠の上には丸鶏が販売されているし…。
サワガニは半分腐ってるのでは?という臭さ(笑)

クローントゥーイ市場の肉屋

クローントゥーイ市場の肉屋。
常温で生肉販売って…。
日本なら完全にアウトだな…(^-^;)

クローントゥーイ市場のサワガニ

クローントゥーイ市場のサワガニ。
もはや半分死骸というか、腐っているというか…。

クローントゥーイ市場の鶏

籠に入っているのはニワトリ。
このニワトリが…

クローントゥーイ市場のニワトリ

その場で解体されて、上に並べられるっていう…。
もはや処刑台にしか見えない…(^-^;)

 

多分免疫が無い人は「ヒィィーー!!」となってすぐに出たくなっちゃうかも…(^o^;)
自分的にはディープな雰囲気で、たまらなく好き!(笑)

ただここでやってる屋台には手が出ないかな…(^-^;)

 

クローントゥーイ市場を1時間程探索し、地下鉄でアソーク駅まで戻り、歩いて昨日も行った『The EmQuartier』へ。

 

12:00 知人おすすめのパッションフルーツジュースを飲む

先日の知人がおすすめしていたパッションフルーツジュースが気になっていたので、『The EmQuartier』で買って飲むことに。

『The EmQuartier』で売ってるパッションフルーツジュース

『The EmQuartier』で売ってるパッションフルーツジュース

種のカリカリ感が良く美味しかった。

この日の昼食は未定だったけど、「美味しいカオマンガイが食べたいな」と思い、検索すると『ラーンガイトーンプラトゥーナム』という店を見つける。

急遽プロムポン駅からチットロム駅まで移動。
徒歩で『ラーンガイトーンプラトゥーナム(新店)』へ。

 

13:00 『ラーンガイトーンプラトゥーナム』で昼食

ラーンガイトーンプラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam

「ピンクのカオマンガイ」で有名なカオマンガイの店。
今回は本店ではなく新店の方。(新店の方が近かったので)

注文したのは、カオマンガイと空芯菜炒め。

Raan Kaithong Pratunamのカオマンガイ

カオマンガイ

ラーンガイトーンプラトゥーナムの空芯菜炒め

空芯菜炒め

うーん、カオマンガイは思ってた程のレベルではなかったかな…。
正直、鶏胸肉がうちの店程ジューシーではなかったです。
本店はもっと美味いのかな?

空芯菜炒めの方が美味しかった(^-^;)

 

食後は、隣にあるセントラルワールドまで徒歩で移動。

カイケムソースのデザートが食べられる『Phan-Phob Cafe(パーン・ポップ・カフェ)』へ。

 

14:00 『Phan-Phob Cafe(パーン・ポップ・カフェ)』でカイケムソース体験

Phan-Phob Cafe(パーン・ポップ・カフェ) Phan-Phob Cafe(パーン・ポップ・カフェ)ケーキコーナー

「カイケム」というソースを味見したかったので行ってみた。

フードコートのスイーツコーナーの一角にある可愛らしい店で、オッサンが一人で食べるにはやや抵抗があったけどね…(^-^;)

バタフライピーミルクアイスクリーム&米菓子&パステル白玉のセットにカイケムソースをトッピング

バタフライピーミルクアイスクリーム&米菓子&パステル白玉のセットにカイケムソースをトッピング

カイケムソース

こちらがカイケムソース(塩卵ソース)

カイケムソースは、予想通りの味ではあった。
ややクセのある塩カスタードソースって感じ。
これなら似たような卵ソースがうちでも作れるかも。

そういえば、店員のおばちゃんに『これにカイケムソースは合わないよ!』と多分言われていた気がする…(^-^;)

 

15:00 『Casa Lapin Specialty Coffee x Central World』で仕事

Casa Lapin Specialty Coffee x Central World Casa Lapin Specialty Coffee x Central World店内

同モール内にあるカフェでコーヒー飲みながら仕事。
この旅の出来事をまとめる。

 

17:30まで滞在し、その後ホテルへ移動。

預けていた荷物を受け取って、GRABタクシーでドンムアン空港へ。

 

19:00 『ドンムアン空港第2ターミナルにあるフードコート』で夕食

ドンムアン空港第2ターミナル ドンムアン空港第2ターミナルにあるフードコート

夕食はドンムアン空港第2ターミナル奥にあるフードコート(ローカルフードコート)でカオマンガイを食べた。

ドンムアン空港第2ターミナル奥にあるフードコートのカオマンガイ

ドンムアン空港第2ターミナル奥にあるフードコートのカオマンガイ

今回の旅のカオマンガイは、ここのカオマンガイが一番美味しかったかも。。
※ここのフードコートは19:00で閉まるので注意。

まだ食べれたので、その後第2ターミナルにあるフードコートでタイスキ麺を食べた。
ドンムアン空港第2ターミナルすぐ上のフードコート

ドンムアン空港第2ターミナルすぐ上のフードコートのタイスキ麺

タイスキ麺

これもなかなか美味しかった。

ドンムアン空港のレストランって、実はレベルが高いのかもしれない♪(^-^*)

 

23:45 タイ出国

トラブルもなく無事タイを出国。
早朝7:00には成田へ着き、無事家に帰宅。

 

今回の旅で感じたこと

バンコクで感じたこと

今回の旅(2020年2月)で感じたことをメモしておきたいと思います。

 

  • 新型コロナウイルスの影響で、去年と比べるとと明らかに中国人観光客が激減しているのがわかった。
    地元の観光業は相当ダメージがありそうな雰囲気。
    BTS(高架鉄道)内ではマスク着用の人が多かった印象。
  • ナナ駅の南側は、いわゆる”歓楽街”だが、なんていうか…”時代遅れ感”があった(^-^;)
  • ナナ駅周辺は古いホテルが多く、今回宿泊したホテルも古かったためか、自分が大嫌いな●キブリが大量に出没アドマチック天国だった(笑)
    ちなみに駐留している知人の話では、「アソーク駅~エカマイ駅」辺りが比較的滞在地に向いているそうです。
    また、日本円で1500円以下のホテルは避けた方が無難との事。(何か盗まれても取り合ってくれない)
  • 前回はBTSを多用していたが、今回は『GRAB(配車アプリ)』が便利過ぎて、主移動はGRABタクシーだった。
    Grab Taxi
    ちなみにGRABを利用すれば、
    「明瞭会計」
    「ぼったくりにあわない」
    「涼しく移動できる」
    「行先を説明する必要がない」
    「自分が居る場所まで来てくれる」
    「メッセージでやりとりできる」
    と、とても楽に移動ができます。
  • 自分は英語はそんなにできないけど、バンコク市内やタクシーなどは「簡単な英単語」でやりとりができた。
    伝えたいことがわからない時は『Google翻訳アプリ』を使えばどうにでもなった。
  • 今回もタイの人々は皆優しかったし、日々を楽しんでいることが伝わってきた。
    対照的だったのが空港の税関。
    タイ人は笑顔で対応する人が多かったが、日本人は真顔で真面目に対応する人が多かった印象。
    なんていうか、日本人は「○○しなければならない!」という意識がとても強いのだなぁと感じた。
    現代でも”サムライ魂”は僕らのDNAに残っているのかも…。
  • プロムポン駅周辺のスクンヴィット地区は日本人が多いと聞いていたが、本当に日本人が多かった。
    そのため周辺の店舗では日本語が通じたり、日本語の書かれたメニューが多かった。
    長期で滞在&治安を考えるなら、スクンヴィット地区が便利だと思った。(次回バンコクに行く際はトンロー駅周辺で滞在場所を探す予定)
    ちなみにバンコク初心者には、BTSと地下鉄が交わっている「アソーク駅周辺」がおすすめです♪
  • 午前10時を過ぎるとどんどん暑くなるので、公園の散歩や徒歩移動はその前にするのがおすすめ。
    昼間の観光地や市場見学は2時間が限界といえるでしょう。
    熱中症にならないためにも、適度に休憩&水分補給をしましょう。

 

まとめ

2020年バンコク旅まとめ

ということで、今回は2020年2月行ってきたバンコク旅の様子を紹介しました。

今回はやはり新型コロナウイルスの影響で、中国人が少なく、どこに行っても閑散した雰囲気でした。

でもお陰で静かに色々周れたので、逆に良いタイミングで行けたのかも。。

 

今回もインプット量(学べること)がとても多く、今後のカフェガパオに活かせそうな旅となりました。

滞在中、新メニューや経営のアイディアを色々思いついたのですが、これらは意外にも「ボーッと景色を見ながらコーヒーを飲んだり」「船に乗りながら川を眺めている時」に思いつきました。

一見何もしていないような時間ですが、この「何もしていない時間」が、実はとても大事なことなのだなーと改めて感じました。

今後も意識的にこういう「無駄な時間(実際は無駄ではないけど)」を上手く作っていきたいなと思います。

 

そして来年またバンコクに行きたいと思っています。(本当は今年もう一度行きたいけど(笑))

来年は『ガパオライス巡りの旅』というものをやってみたいなーと思っています。

多分まだ知られていない「ガパオライスの名店」があると思うんですよね。。

タイに行ってからまだ1ヶ月経っていないですが、今すぐにでもまたタイに行きタイ♪

長文最後までありがとうございましたm(_ _)m

 


1+
スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ヨッシー店長

1976年生まれの二児の父。タイ料理カフェ『カフェガパオ』のオーナー。料理担当。3DCG、Webデザイン、ネットショップなどを経験しつつ、現在は飲食業を主軸に多角度的活躍を狙う、自称「ハイパー飯屋クリエイター」。現在は「自宅飲食店開業の専門家」としても活動中。SF映画が好きで特にアメコミ系と時間軸系が好物。100mの至近距離でUFOを見たことがある。